にこにこぷん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

兄と太宰と

090530_201630.jpg

 写真は兄の部屋のドア。プレートの下の黒い物体は仮装用の髭なり。わたしは長年、このギャグは一体誰に向けたものなのだろう?と思い続けていたが、最近、これは彼自身に向けられたものなんだろうと思った。兄は、常に自分で自分を笑いながら生きている気がする。それってちょっと悲しい気もするが・・・。だから、この1枚は兄の人生そのものなのかもしれない。
 と、まるで兄が死んだかのような書きっぷりですが、全然そんなことありません。たっちゃんは元気です、たぶん。
 
 もうすぐ桜桃忌だわさ。今年は太宰生誕100周年の年なので、書店に関連本がけっこう並んでいる。この前は、「ナイフを持つ前に太宰を読め」っていう本を見かけた。おい、なんかそれは違うだろう!ともすると、太宰はそうゆう文脈で語られがちである。だもんで、世間では「太宰?ああ、あの「人間失格」書いて玉川で心中した人でしょ?」みたいな認識なのだ。作家って報われない職業だわね。
  
スポンサーサイト
  1. 2009/05/30(土) 21:57:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

雨にまつわるエトセトラ

 雨ですねー。
 
 よく学生が試験前になったりすると「学校、火事でなくなんえねぇかなぁー。」なんて不謹慎なこと考えるじゃない。いまそんな気分よねー。ただわたしの場合、困ったことに何に火事になって欲しいんだか分からないのよねー。ルサンチマンの対象がはっきりしてるって、ある意味幸せなんじゃねぇ?
 そんな憂鬱な小話でした。ぜんぶ雨のせい。


 雨の日には、ようたさんの「『雨がすき』とか言ってナイーブぶってる女が嫌いだ!」みたいな言葉を思い出します。あぁ、なんかね、うん。わかるかも。雨はうっとうしいだけだろ。

 そんなわけで雨の曲を聴いてみたり。
 
 『今日も雨』/倉橋ヨエコ
 
 知らないほうがましだった ことはたくさんあるけれど 
 読みかけては 印をつけて 閉ざした本に寝そべります
 真実は明日も わたしをきっと泣かせるだろう
 でも 飛び出して飛び出して行こう 待ってる人はいないけど
 泣き止んで泣き止んでみても 外はもっと雨
 
 甘い思い出と戯れて 唇には反省の歌
 悔しいけれど いらない過去で この私は作られてます
 真実は明日も わたしをきっとしょげさせるだろう
 ほら 追いかけて追いかけて行こう どんなに返事がなくったって
 追いかけて追いかけていこう 外は今日も雨
 
 そんなもんだろうー
 
 いやーヨエコいいわー。まったくなんで引退しちまったんだ!最後の「そんなもんだろう」の一言が秀逸だと思います。
  
 今日、電車で向かいに男子高校生が座っていました。彼は横の肘掛に傘をかけていました。黒地に白い水玉で、レースの飾りがついた大変かわいらしい傘。明らかに女性用。
・・・・・男子高校生にひそかに思いを寄せる女子。校門でひとり傘をさして待ち伏せる女子。
「わたし、家近いから!」と言って無理やり男子に傘を渡して走り去る女子。・・・・・・
 そんな20代女性の甘酸っぱくて痛々しい妄想を打ち砕くかのように、彼は学生かばんから、折り畳み傘を取り出して電車を降りていきました。傘はどうやら前の乗客の忘れ物だったようです。
 

 そんなもんだろうー 
  1. 2009/05/28(木) 22:59:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

闘病記

 チャーミー岡本、生きてました。
 誕生日会は本当にごめんなさいとしか言いようがありません。もっと早く連絡するべきでした、そうでした。でも行きたかったんですよとっても。夜には治るかもしれない、という一縷の望みが捨て切れなかったのですよ。したらば夜にはとんでもないことになってしまったのですよ。

 「豚インフル豚インフル」言われて、本当に心配になって相談窓口に電話しちゃったよね(たけしくんが)。海外旅行も関西方面にも行ってないから、まぁ可能性ないでしょう、しかしそれはインフルエンザですね、とのこと。いやもうどっちでもいいからなんとかしてくれよ!もうしんどいのなんの。しかしなんとまぁ一晩で熱下がっちゃったのよね。これはインフルでもなさそうじゃないの、ただの風邪じゃないのと。そうなれば「もうお粥は食わねぇ!」と調子付いて早速バーミヤン行ったよね。調子付いたはいいけどやっぱり中華は想像以上にヘビーだったわよ。杏仁豆腐の優しさに胃が泣いてたわ。
 
 そんな感じで24日は平穏無事に過ごしていたものの、翌朝またしても発熱。これはもういよいよ、のりぴーかっ!?っつんでやっと病院へ。インフルエンザの疑いをかけられて外来の待合室から隔離された。「これ、してください。」と渡された紙のマスクをして、小さな個室にひとりきりで散々待たされた挙句、インフルの検査だっつんで、綿棒で鼻の穴を陵辱された。検査結果は陰性だった。結果が出た後も診察まで30分以上待たされた。この待ち時間があるから病院行くのが億劫になるのだ。
 「医師に背中を力強くどつかれる」というなかなか荒っぽい診察の結果、「腎盂腎炎」という病気が発覚した。つまり膀胱炎の腎臓バージョンみたいな。ばい菌が、尿道から膀胱通って腎臓にゴールイン!みたいな。そういえば最近おしっこが変。これからの自分の先行きと同じくらい不透明。
 入院する例も多い病気らしいけれど、「体力ありそうだからいいよ。」という、これまた荒っぽい判断により、家に帰ることができた。これからしばらくは、毎日2ℓの水分を摂らねばならん。それが冷えたビールだったりしたら堪んねぇんだけども、腎臓患ってて酒飲む気にはなれないわー。
 
 という経緯。しかし本当にごめんなさいすみません。ああ、あのケーキ。食べるか、顔面に喰らうかしたかったわー。とにかくみなさん、尿は健康のバロメーターですよ。
  1. 2009/05/26(火) 19:01:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

熱帯夜

20090523013359
 死にたくない。
  1. 2009/05/23(土) 01:34:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

深夜の写生会

射精じゃなくて写生。
090522_001613.jpg
090522_001543.jpg
090522_002224.jpg

上:元ネタ。ジャンプの『toLOVEる』の人。
中:あーちゃん作
下:たけさま作

暇だからお絵かきしてみた。美術10だぞ!

090522_002154.jpg
おまけ☆誰でしょーか??

  1. 2009/05/22(金) 00:46:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

自分のデート行程を詳細に書いてみる回

 この先、全部のろけよ。しかも長いわよ。
 
 行ってきたわよ、横浜。目覚めた時間が待ち合わせ時間でした、はい。なんだかもう死にたくなりました。電話をしたらば、「気をつけて来てね」というお言葉。マリアか?マリアなのか?いっそ「死ねクソ野郎!」と言われたい。いや、言われたくない。
 2時間半遅刻したー。あぁもう当初の予定では、中華街で豚まんを半分に分け合って「ほほ、具がすごいわ」とか言ってる頃だのに。
 そして、兎にも角にも電車乗ろうぜという段になってパスモを渡されました。わざわざ2日分の電車賃を入れたパスモを準備していてくれた!ちゃんと名前も入ってる。「名前、あーちゃんにできなかった。」とか言ってるし。くそぅ、なんてかわいいんだ!
 はじめて来たよ、中華街。本当に中華街。中華しかねぇ。そしてなぜか手相の店が点在していてどこも大繁盛。あと、路上でやたら甘栗売ってた。豚まんやらシュウマイやらを食べ歩く。そして中華街なのになぜかゲーセンで遊ぶ。一通り歩き終えて、さらば中華街。
 プレゼントを選ぶため買い物へ。色々な店を見て、色々な店員の話を聞くうちに、皆無だった貴金属についての知識が増えていっておもしろかったです。気に入ったものが見つかったけど、サイズ直しに出したので届くのは再来月あたり。本当にこの、グーにするとクリームパンみたいになる自分の手が憎たらしいわ。
 買い物を終えて、予約していたレストランに。観覧車がよく見えるレストラン。が、この日は風が強く、高層ビル群に灰色の霧がかかっていて、なにやら世紀末的な景色になっていた。「おいしいうれしいありがとう」の3点を伝えたいのだが、うまい料理に対する語彙力の乏しいわたしは、前菜からデザートに至る全ての料理に対して「おいしい」と「やわらかい」を連発。とにかくおいしかったんです。デザート皿にチョコペンでメッセージと名前が書かれていて、係りの人が写真を撮って、メッセージカードにしてくれた。
 都内に戻るはずだったけど、酔って体調が悪くなったので、横浜に泊まった。至れり尽くせりなホテルだったー。デザートとか、ワインとかアメニティとか全部が「ご自由にお持ちください」とはなんと太っ腹な。誕生日なので、カクテルとハニートーストもサービスだった。ハニートーストっつうのは、食パンを立方体に切ったものに蜂蜜やらバニラアイスやら生クリームやらが乗っかったなかなかヘビーなもの。なぜかそれを「いじめ」について語り合いながら食した。
 翌朝は、ちゃんと朝ごはんを食べて、部屋についてる露天に入った。天気が良くて気持ちよかったー。
 池袋に帰って、またちょっと買い物して、カレーを食べて別れたー。パルコに入ってるスープカレーの店はおいしいな。あまりにも楽しかったので、ひとりになって電車に揺られているときは、今生の別れくらい悲しかったです。いやいや縁起でもないわ。

 写真はたけしくんのママ様にプレゼントされた貝殻たち。潮干狩りで拾ったそうな。よーく見るとたけしくんにもらったネックレスもあるで。

090518_230154kai.jpg

  1. 2009/05/19(火) 01:51:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

オー、フジオさん

 今日の面接。やたらノリのいい農学部の男とアグネス・チャンに似た女と3人で集団面接だった。特に緊張はしなかった。人事はハンサムで優しい感じの30代の男性だった。
 入室。席を指定される。「失礼します。」とか言っていきなり座ろうとする私。両隣の2人が直立しているので、「あ、座っちゃいけないのか。」と気づいて再び立つ。自己紹介って立ったままするんだね。

 自己PRやら志望動機やらに続いて、話題は学生時代に力を注いだことに。アグネスは、小学生時代から近所の碁会所に通い、高校時代は全国大会へ云々・・・。リアルヒカルの碁。
と。そこへなにやら着メロのようなかすかな音が静かな部屋に流れ出した。
 携帯切っとけよ。しかも着メロかよ。隣の農学部の男が小首をかしげた。何食わぬ顔で質疑応答を続けるアグネスと面接官も明らかに気づいている。
 着メロにしては延々と流れ続けるメロディー。聞き覚えのあるメロディー。

 おい、ムーンライダーズじゃねぇか。
 つまり私のi podじゃねぇか。
 もちろん歌詞が聞こえるほどの音量ではないが、私の頭の中では「ニットキャップマン」の歌詞がループし始め、面接どころではない。
 
「♪山田川のほとりのテトラポットの とぎれるところ
   三畳くらいの空き地があって そこにフジオさんが住んでいた♪」

 藁をつかむ思いで職を探し、大事な大事な面接場面で、まさかホームレスをテーマにしたこの曲が流れるとは。呪われてんのか、わたし。ちなみにこの作詞は糸井重里。これも名曲だな。
 アグネスの囲碁に捧げた青春ストーリーが終わると同時に、自首。
 「あの、すみません、先ほどから私の音楽プレーヤーが・・・。」

 帰り道、2人に「邪魔して悪かった」と謝る。
 「仕方ないですよー。」と優しく控えめなアグネス。
 「いやマジびっくりしたよ!」と言って唐突に肘鉄砲をかます農学部。初対面の人に肘鉄を食らったのは生まれて初めてです。あぁ、さようなら、わたしの初面接。


 ひとつ屋根の下ブームが去って、新たなドラマにはまった。
 「ER緊急救命室シリーズ」。NHKで深夜やってる海外ドラマで、なかなか面白い。

 今日は早起きして横浜行くぜ。どうやら雨のようだ。潮干狩りのときも雨で、なんだか天気に恵まれない。1度ブラック企業に足を入れたせいでおてんと様に見放されたのかもしれない。
 ヤスミ氏曰く「チャラい」横浜。とりわけ赤レンガやみなとみらいがチャラいスポットだそうで。どっちも行くよ。もう思いつく限りチャラチャラしてやる。やるぞ。やってやるぞ。観覧車の曇った窓ガラスに「すき」とか指で書くぞ。
 じゃあな。
  1. 2009/05/17(日) 02:59:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

痛む/悼む

ぽこちゃんが亡くなりました。結局死に目にも会えず・・・。
木更津では、なぜか写真を1枚も撮らなかったので、形に残った貴重な思い出でした。
なんだかいろいろ思う。
うあー。
  1. 2009/05/14(木) 22:54:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

村上春樹風にブログを書いてみる回 #1

 なぜ僕はこの文章を書くのだろう?これといって理由はない。強いて言えば、僕は暇を、そして自分自身を持て余しているのだろう。やらなければならないことは山積みになっている。しかし、どれも山羊の餌にでもしたほうがマシなくらい、つまらないものばかりなのだ。


 それは暖かい夜だった。寝室の開け放った窓からは、どこからともなく熟れすぎたメロンのような香りが流れ込んできていた。その時、つまり電話のベルが鳴った時、僕は足の爪を切っている最中だった。巻き爪を予防するために、できるだけスクエアに、かつ白い部分をわずかに残して切る。10本全ての爪を切り終えるまで、全神経を爪きりに集中させる。その次は、切断面が滑らかになるまで丁寧にヤスリをかける。僕にとって、足の爪を切ることは一種の儀式のようなものなのだ。最初は電話を無視してしまおうかとも思ったが、そんな時間に電話が来ることはかなり珍しい。僕は仕方なく、爪切りを左足中指で中断して受話器を取った。

 「苦しいの。」
 それが相手の第一声だった。聞き覚えのある声だが、名前を思い出すことはまず不可能に思えた。なにしろ僕には聞き覚えのある声や、見覚えある顔の女性が大勢いるのだ。つまり、身に覚えがありすぎるというわけだ。
 「息ができなくて苦しいの。」
 女はもう一度訴えた。女の声は、くぐもっていて聞き取りにくかった。まるで水の中からかけてきているかのようだった。そして背後ではかすかに波の音がしている気がした。僕は、コットンシャツが妙な汗で湿っていくのを背中に感じていた。

 「・・・君は誰だ?」
 「・・・わからないのね。」
 「君は一夜の女性の名前を手帳に書き残しておくような男がタイプなの?」
 「私はあなたとは寝てないわ。ねぇ、早く来て。時間がないの。」

 僕は急激にのどの渇きを感じて、サイドテーブルの上のウィスキーグラスを一息にあおった。
 「本当に君は誰なんだ?」
 「私は



 
  ぽこちゃん。」
  
  なんと長い茶番。ここまで読んでくれたあなた、えらい\(^о^)/ノルウェイの森事件があったからなんとなくやってみた。マジでくだらねぇ。
  でもポコちゃんが危険な状態で苦しんでいるのは本当。諸事情により、けっきょく未だ小手指にいるポコちゃん。ごめんなさいごめんなさい。きのう突如動きがおかしくなって、かつてない速さで泳ぎ回ったかと思えば今日は微動だにせず、おまけにエラがめくれっちゃっているそうです。酸欠でしょうか?あぁなんだか会うのがちょっと怖い。というか次に会うまでもってくれるのかしら・・・。

 熱も下がって完全復活。なんか・・・お大事にとか書かれるとすごいうれしいもんなんだな!別に違うもん、心配とかしてほしいんじゃないもん。とか思ってたんだけども。いやぁーもう心配されたくて仕方なかったんでしょうね!じゃなきゃ体温計の写メなんか載せませんねwwwすみませんね本当に。
  つーわけで、きのうは学校休んでDVD観たり、勢いで、なぜかこのタイミングでバイトの登録しちゃったりした。DVDは『ボルベール<帰郷>』ってやつで、内容うんぬんよりペネロペ・クルスが巨乳だわ美乳だわで始終キーッってしてたわよ。あれだけありゃ色んなものが挟めるだろうよ・・・・・・(・ω・)
  バイトは、「吉見百穴」という国指定史跡のそばで。日本史の人は聞いたことあるんじゃないか知らん?あれはただ丘に無数の穴があいているだけなのに見るだけでお金とられるという本当しょうもない史跡です。また結婚式の配膳だわよ。
  
  1. 2009/05/13(水) 05:13:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

未知の領域

20090511165809
 こんな数字はなかなか見ません。平熱5℃代だっつうの\(^O^)/ 咳・鼻水がなくて、ひたすら悪寒と頭痛が続いてるんだけど、これ何の病かしら??のりぴーの悲劇が脳裏をよぎります。はっけつびょう…(´・ω・`)
  1. 2009/05/11(月) 16:58:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

理由なき更新

今日は筆記試験と久しぶりの学校。履歴書が必要なことに気付いたのが夜中だったので、今朝は5時起き。喫茶店で履歴書を書いてて「ちゃんこみたい(^ω^)」とか思ったわたしは完璧なズルーマーwww
ところで、みなさんは喫茶店の注文や、コンビニのレジでイヤホン外しますか?わたしは、店員に失礼な気がしてならないので外します。傘で両手がふさがってたりすると少し面倒だけど。たぶんコンビニでバイトをしていた影響だと思う。お金を放るように払う人も嫌い。あと、タバコや新聞を買うときに銘柄だけ言う人も。まっすぐレジにやって来て「スポニチ。」とか「ピース。」とか言われるとなんかイラっとするんだよな。 しかし雨うっとうしいな。そして腹が痛い。
  1. 2009/05/08(金) 09:09:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ぽこちゃんSOS

ぽこちゃんの命が危ない!!!

 それは2日前。潮干狩りができなかったので、予定を変更して”海ほたる”に遊びに行きました。アクアラインにあるパーキングエリアです。ゲーセンのUFOキャチャーで、小瓶に入った稚魚が景品になっていました。たけしくんが3回トライして獲得しました。”ミドリフグ”という種類で、まだ体長1cmくらいだけど、立派にフグの姿をしています。命名は”ぽこちゃん”。木更津から連れ帰って、今はたけしくんの家にいます。とってもファニーフェイス。飼い主に似てるのね(自虐w)。かわいいのでみなさんぜひ会いにきてください。



 先ほど飼育方法を調べてみたら、なかなか難しいみたい。「生き物をUFOキャッチャーの景品にするなんて動物虐待だ」という意見も。ごもっともです。全然そんな考えに至らなかった。安易だったなー(´・ω・`)いろいろ購入して環境を整えてあげなければ数日の命だそうです。きちんと育ててあげれば5年程度生きることができて、体長も15cmくらいになるそうです。ぜひ天寿をまっとうさせてあげたい。我が家は、熱帯魚を買っているので飼育セットはかなり充実しているのですが、なにしろ今ぽこちゃんは小手指にいるわけで・・・。酸素も足りず、水質も悪い瓶の中でさぞ苦しかろうよ、ぽこちゃん。ごはんもあまり食べていないそうです。お腹がぷっくり膨らんでいるので「ほほ、チャーミングよのう。」と思っていたら、それはストレスのサインだそうです。残念、わたし。
 明日の夜、迎えに行ってとりあえず我が家に連れて帰ることにします。それまでなんとかもってくれ、ぽこちゃん!!!
  1. 2009/05/07(木) 22:24:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

青か白か

うわぁー朝までに2観終えるつもりだったのに。睡魔ばかやろこのやろう!小雪が鼻血出してぶっ倒れたってのに眠いだとぉ!?
ということで、今日も「ひとつ屋根の下」フリークです。また読んだ端からすぐ腐るような自己満レビューだぜ!
2がなぁ、微妙なんだよなぁ。なんでかなぁ?前作から数年を経て出演者が垢抜けてしまったことが原因。って思うのよね。小梅はいいのよ、小梅は。高校生から女子大生になったんだから、そりゃ垢抜けるわ。問題は、そう、のりぴーよね。ちょっとふっくらしてたのにスリムになっちゃってさ、きれいなんだけど、でも前ののりぴーのほうが断然グッとくるのよね。なんか演技もうまくなってるし。表情とか声に幅ができたっつうかね。でも別にそんなもん求めてなかったのよ。前ののりぴーでパーフェクトだったのよ。なにはともあれ、小梅に誠実な彼氏ができて心底うれしいわ。「小梅は、僕が今まで出会った女性の中で一番素敵だ!」言われてぇ。南雲せんぱいすげー。
レビューはこの辺で。

今日、すごくいい陽気でしたね。完璧な初夏でしたね。そんな日は、窓の外の景色を眺めるよね、無駄にセンチメンタルにさ。私も冷房の効いた西武線に揺られて外を眺めていたわけよ。そしたら、水色の作業服を着た若い女の人がさ、チャリに乗ってるのが見えたんだ、茶畑の間をね。けっこうな美人でさ、黒髪が、さぁーって風になびいたりなんかしちゃって、お日様ふりそそいでて、なぜかちょっと笑顔で。勝手な想像なんだけど、幸せな感じがした。服装からして、確実にそこらの冴えない工場かなんかで働いてるんだろうけど。

ブルーとホワイトってなんだ?関係ねぇだろ、そんなもん。

って妙に強気になってみたり。はい、来週は修繕工の筆記試験受けるんです。水が漏れれば夜中だって駆けつけるんだぜ!見失ってる気が・・・するかしねぇかっつったら、まぁするんだけども。仕方ないじゃない。


ひとつ屋根の下の弊害→ ①寝不足。 ②たけしくんの笑顔が福山雅治に見える、時々。
  1. 2009/05/01(金) 05:02:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

でぶちゃーみー

Author:でぶちゃーみー
FC2ブログへようこそ!

BlogPet

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。