にこにこぷん

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

面接

上石神井駅より徒歩3分、私服にエプロン掛けの家庭的なお店です。
時給1500円以上

時給の高さに少し疑問を感じたが、なにしろ自分は苦学生の身。家のローンを理由についに仕送りが途絶える。なんか胡散臭せえけどやるなら今しかねえ!ってことで面接に行きました。

上石神井駅を降りると、シャッター街と呼んでも差し支えないようなうらぶれた商店街。そこに「家庭的なお店」マロニエはあった。

良く言えばレトロな、率直に言ってしみったれた感じの店のたたずまいは、笑ゥせぇるすまんの「魔の巣」を連想させた。この店の感じ。非常に嫌な予感がする。カウンターに喪黒福造がいたらどうしよう。
重い木の扉を押すとそこにいたのはもちろん喪黒福蔵ではなくただのおっさんだった。そして笑ぅせぇるすまんでは、寡黙にグラスを磨き続けるマスターがいるはずのカウンターの中には、チャイナ服やサテンのドレスの女たちがにこやかに立っているのでした。

その光景はわたしの中の「ぼんやりした不安」を「はっきりした恐怖」に変えた。
とりあえず裏部屋のような場所で待たされる。棚にはボトルキープのウィスキーが並び、床には派手なミュールやらサンダルが転がり、壁にはツルツルした生地のドレスがかけてある。いったいどこにこんな「家庭」があるのだろう。しかしそのあまりに非家庭的な空間にひとり待たされていると、逆に家族のことを思い出したりしてしまうのだった。

しばらくしてやってきた年増だけど若作りなおばさんと面接。おばさんの化粧が気になって面接に集中できない。おばさんの顔面ではキラキラというよりギラギラとラメが光っていて、目尻のアイライナーは「ぴょんっ」という擬態語がしっくりくるくらい跳ね上がっていた。
そんな面接の最中に川島なおみ風なきれいなおばさんが入ってきて一言。
「私がチーママです。」
チーママ・・・??チーママが一体なんなのか分からなかったが、なんとなく響きが「チーマー」と似ていることから再び恐怖がよみがえってきた私は面接を終えると逃げるように所沢へと帰ったのでした。

結果は言うまでもなく不採用です。上石神井の女王にはなれませんでした。いい社会見学ができたということで。
今度は所沢西友4階の、なぜつぶれないのか誰にも分からないレストランにアタックしてみます。
その前に明日はダンボールに入って別な意味でアタックしてみます。
アタックチャーンス。





スポンサーサイト
  1. 2007/11/29(木) 22:19:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

マダガスカル

マダガスカル。

それは日本から遠く離れたアフリカ東南の国、マダガスカル共和国の通称である。と同時に、私、岡本の通称でもある。
なぜゆえ私がマダガスカルであるかというのは、このブログを読んでいる方々には説明不要と思われるので割愛。分からない人はコマネチと同じ類のものと思ってください。

そんなわけで八ヶ岳合宿参加者は「マダガスカル」と聞けば、本義のマダガスカル共和国ではなくて、あのノリが命の一発ギャグを思い浮かべてしまうのであるが、そもそも日本人の日常会話の中で「マダガスカル」という単語が登場することはあまりないわけで、例のTシャツがタンスの肥やしとなった今、私はマダガスカルのことをすっかり忘れていた。

しかし。きのう私は再びマダガスカルに出会う。

「彼氏、マダガスカル人なんだ。」

なんとバイト(式場)の友達がマダガスカル人とつきあってるという。私は八ヶ岳メンバー以外の人間から「マダガスカル」という言葉が口にされるのをそのとき初めて聞いた。マダガスカル人てそんな!!!埼玉県越生町在住の彼女がなにゆえマダガスカル人と知り合い、しかも恋仲へと発展したのかはまったくの謎。とにかくフランス語とマダガスカル語が公用語の彼との言葉の壁に苦戦中らしい。頑張れ石川ちゃん。健闘を祈る!
  1. 2007/11/24(土) 08:49:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

なめこさんがにこにこぷんをささやかな楽しみと言ってくださった。今日、ついに長い長い沈黙を破って更新じゃ!
最後に更新した日から何をしてたかというと、なちゆかと鍋をしたり、浅草に行ってみたり、早稲田祭をドタキャンして相変わらず自分の株を下げてみたり、「痩せなきゃ」が口癖なのに食べ放題に行って腹12分目くらい食べたり、SFAの打ち上げで下品な(とてもここに書けないような)コールも微笑ましく思える成長?した自分を発見したり、武Pなっち夫妻とおでんをしたり、映画祭の審査で、第3者の鑑賞に耐え得る作品の稀少さを実感したり、ボジョレーの飲み会で、チーズとかクラッカーとか用意して(陽太さんのペペロンチーノおいしかった!)いつもと違う感じだったのに鬼殺しというどちらかといえばあまり品のないお酒に殺されたり・・・というとてもモラトリアムな日々を送ってました。
で、この前は成人式の写真撮影でちょっと実家に帰った。071118_191551.jpg
振袖はおばさんからのもらいもの。となりは母方のじいちゃん。きつくて食後は倒れるかと思った。はやく脱ぎたくてしかたなかったけどたまえさんが仕事から帰るまでの6時間耐えた。

おまけ071118_202140.jpg
玉さん。
  1. 2007/11/21(水) 23:54:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

でぶちゃーみー

Author:でぶちゃーみー
FC2ブログへようこそ!

BlogPet

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。